気になるオーディオ情報や最新ハイエンドオーディオの試聴レポートなどを発信中です!
[696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686
■A級ステレオパワーアンプ



ACCUPHASE 「A-47」 680,400円 (税込) ⇒ 販売価格はお問い合わせください。
詳細は、こちら


【朝倉の話】ACCUPHASE A-35 のお話

すっかりレポートが遅くなってしまいました。
アキュフェーズ A-47を聴きました。
最近のアキュフェーズのトレンドに「ダンピングファクターの向上」があげられます。
理想のアンプを目指して、あくなき挑戦を続ける姿勢には頭が下がります。
そのダンピングファクター、今回のモデルは600以上を実現しました。
これはすごい数字です。
内部インピーダンスが13mΩ以下と言い換える事が出来ます。
こう言った方が何となくすごさがわかるような気がしますが、アキュフェーズさん、どうでしょうか?
さてそのダンピングファクター600を実現するために何を行ったのか。
エンジニアの方に伺いましたので、お伝え致しましょう。
最初は大型の電源部。
十分な余裕を持ったサイズ、容量です。
出力の6パラレル構成で大電力にも余裕をもって対応できるようにし、出力端子までの配線も太く、短く。
プロテクション用のスイッチもMOS-FETスイッチを採用し、更にスピーカー端子ぎりぎりまでNFBのループに入れてしまいました。
しかもそのNFBは信号線のみならず、アース側端子もループに入れる徹底ぶり。
音を聴く前から、良いサウンドがするんじゃないか?と思いこませられるところでした。
ああ、あぶない。
とにかくは音を聴かせてもらいましょう。
あー、更に良くなりましたね。
A65がA70のモデルチェンジした時に感じた印象のほぼそのままのことがA-46からA-47へのモデルチェンジでもおきた、といった感じです。
低音部のエレルギー感が増し、躍動感、表現の豊かさ、S/N比が良くなって、ステージの見通しが良くなりました。
やや積極的、骨太の方向に来ましたから、お好みに合うかどうか試聴していただくのがベストです。
良くなったのは間違いないですが、好みの音質かは別の問題ですから、やはり聴いていただきたいですね。
そのS/N比なのですが、ここまで機器のノイズが減った昨今、これ以上ノイズ成分を減らして音質向上に寄与するの?と疑問に思っていました。
(過去形です)でも、実際に聴いてみると今まで聴こえなかったところが聴こえてくるのです。
聴いた気持ちになっていたものが、実は何割かを聞き漏らしていたのです。
こりゃあ、手持ちのCDも片っ端から聴き直さないといけませんね。
ノイズと言えば、アンプ本体から発生するトランスのうなりも気になるケースが多いもの。
さすがはアキュフェーズ、しっかり振動対策、騒音対策がなされています。
なんでもトランスのノイズ検査をするときは、周囲のS/N比が良くなった時に(つまり深夜に)聴診器まで使って検聴をするのだそうです。
もちろん、原理的に振動はゼロにはなりませんが、きわめて小さい値を実現しています。
すごいです。
意匠デザインの一つのととらえる事もできる「メーター」を取ってみても同社のこだわりは半端ではありません。
ピーク表示を行うメーターは専用の駆動回路(デジタル方式)を搭載し、ピークホールドも可能。
感度切り替えにも対応し、長寿命のLED照明になっています。
今回のA-47に限った事ではありませんが、アキュフェーズ社のサービス体制もおすすめできる大きなポイントです。
充分に余裕を持たせた設計で、長期にわたって初期の性能を維持でき、サービスの行いやすいように工夫されています。
部品の保有年数間も長く、30年前の製品にしても、ほとんど修理が可能でした。
20年使って、オーバーホールして、更に10年使う。
といった計画が立てられるのも大きな特徴です。
初期費用が多少嵩んでも、試用期間が長ければ充分釣り合うのではないでしょうか。
で、A-47は当店お薦めのパワーアンプです。
一人で運搬できる大きさと重さも重要なポイント。
セッティングを変えるたびにお友達を呼んだり、販売店に依頼したりでは大変です。
パワーアンプをお考えの時は候補の一つに入れて下さい。
以上、この文章の担当は朝倉でした


商品のお問い合わせはメールでも受付しております。
hi-endused@audiounion.jp
TEL. 03-5280-5104
FAX. 03-5280-5108
営業時間 11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

取扱店舗

店舗名:お茶の水ハイエンド中古館
URL:http://www.audiounion.jp/shop/hi-endused.html
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-1 2F
電話:03-5280-5104
FAX:03-5280-5108
E-mail:hi-endused@audiounion.jp 
在庫検索
中古 新品 

オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

バーコード
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター